読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛の心理

恋愛心理の情報をまとめてみました

人にとって愛とは…

人にとって愛とは、さびしい人間が感じている孤独を癒そうとする寄り添う気持ちであり、愛こそ本当の社会生活のおいて、なおさら幸福に暮らしていくための唯一の技術なのである。
魅力的な笑顔で微笑みを向けることで、相手を手に入れたいという心の中をそれとなく気づいてもらえることになるのです。メロメロにしたい相手にもその気持ちを告げることになり、自分のことが気になるという仕組み。
悪童理論という聞きなれない理論を聞いたことがあるだろうか。何もないときはやさしさに欠け、よくパートナーをを乱暴に扱っているのに、まれにのぞかせる優しいしぐさ慣れていない恋人は感激してしまうという現象なのである。
口説き落としたい人とのデートの約束を失敗しないために気を付けるべき点は、普通の生活や出かけるときの行動パターンなどをさりげなく聞いておき、共通点などの貴重な情報をリサーチする事が最優先。
周りのことを考えないことばかり言いそうに見える「ギャル系と言われる女性」は異性に不快感をもたれるものである。「出かけている最中、振り回されて、ヘトヘトになる」と思われている事実があるのが理由。
簡単なことですが、あなたとの話をしている最中に、親しくなりたい相手が、あなたの方をまっすぐ見た上で瞬きの回数が普段よりも少ないなら、素敵だなと思っているかも、という確率がかなり高いであること間違いなし。
恋をしているときには、かなり身近に、そうなのにいくら願い続けても手に入れられない大きな幸せが存在するような気配がする。それのみかその幸福は、ただひとつの言葉、ひとつの微笑にだけに震える。
もしもあなたとの、会話の最中に、口説きたい相手が、瞳を熱い視線を送りながら見て、まばたきが少ないなら、惚れられている可能性が結構高いというわけです。
恋愛をする女性にとっては大切な人生そのものの堅実な設計でなければならない。男が生涯をかける専門分野なり職業なりを選別するほどに真摯な態度で男性をチョイスするべきである。
心配りの精神の土台は、かけがえのない人にどうやって気に入ってもらえるかを思いやることに非常に近い。つまり、接待は恋することそのものです。
男と言うのはメロメロにしたい人が自分に向かって話しをしているときにその人の目を見るのはあたりまえ。彼にしゃべりかけているときに男性の瞳をじっと見てくれるか見てくれないかが、お付き合いしたいかどうかの境です。
あまねく大いなる恋愛の中心には慈しむ心がある。女性らしさをもった女性がそろって男の真の力を感じてうっとりするのは、男性の弱い部分を無意識に知っているからである。
テーブル席なら、席が目の前なら、モノにしたい人の前には携帯や手帳それと水などを置くな。物を置いておくとその人に圧迫感を与えることになるだろう。
二人の関係をマンネリから防ぐ策です。その妙案は、共同作業にある。二人の目的を持ち、それを成し遂げた時に、二人で目標をやり遂げたという興奮が最も大事です。
グループデートなら、運転席だけは何があっても譲ってはダメ!必ず隣に口説き落としたい相手を座らせて自分と二人だけの空間を作りなさい。自分の財布を頼めばあなたと彼女の共同作業がうまれます。