読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛の心理

恋愛心理の情報をまとめてみました

日ごろからいつも自分ひとりで…

「日ごろからいつも自分ひとりでひっそりと単独行動しているという女性」は『ひとりぼっちの世界を邪魔したら許さない』という暗い無言の威すような雰囲気があり、近寄りがたいイメージである。
女性にとっての恋愛は大切な人生そのものの設計と位置づけられるはずだ。例えば男性が自分の人生をかける専門知識なりワークライフなりを選択するくらい真面目にパートナーとなる人を選り抜かなければならない。
異性への愛情というものはいうなれば義理の鎖だけで保たれているのです。現実は人間の本性は善ではないのだから、義理に頼った関係は自分の気持ちの基本ですぐでもたち切れるものなのだ。
恋人への愛情というものはいうなれば義理の鎖だけで維持されているのです。そこへ人間の本質は善ではないということなので、心の鎖なんかは人間の性質で悩ますたち切ってしまうものだ。
人間にとって恋愛(れんあい)は、人間が異性に対してもつロマンチックな感情でむつまじい関係を求める感情で、それのみか、その特別な感情に基づいたさまざまな恋慕で一杯になった表情やしぐさを伴うことがしばしばある。
口づけするとたちどころになんと相手の個性まで無意識にわかってしまうのです。恋人同士の口づけは要は唾液の交換で、唾液の中に含まれている情報でその人の個性を解析している。
ロミオ&ジュリエットにもでてくる、タブーを破る愛がほかの愛よりも燃える理由は、関係者からの口出しが愛し合う二人の絆をなおさら掛け替えのないものにしてしまう反発心が作用するものだからである。
男性は手に入れたい人が自分に対してしゃべりかけているときに会話している相手の目を見ることが多い。男性に話しかけた時に男性の目をきちんと見てくれるかそうではないのかが、気になる異性なのかどうかの境です。
テーブルの場合、席が目の前になったら、惚れさせたい人の前にはどんな物(携帯や手帳それと水など)も置くべからず。よけいな物があることでせっかくなのに圧迫感を与えさせてしまうわけです。
男たちが普通に女性に要求もの、第1位に選ばれたのは 「優しさ」。優しさ=「心遣い」のことである。身の回りにある動きとしては「譲る」「誉める」そして「喜ぶ」。この3つの動きが本当の意味。
二人の関係をマンネリから防ぐ良策があります。その一手は、共同作業にある。二人で同じ目的を持ち、目標を成し遂げた時に、二人で目標に到達したという一体感が肝心。
パートナーの「愛しています」のバックにはまちがいなく「愛してください」という意味が忍ばされている。愛の本当の姿は気持ちを寄せ合っているように感じさせても、実をいうと取り合うものなのである。
恋をしていると思慮分別なんかはきかないものである。反対からいえば、大人の判断がまちがいなくできる状態の人は嘘ではない恋をぜんぜんしていないはっきりとした証拠。
パートナーの「愛しています」のバックにはしばしば「愛してください」という気持ちが含まれている。男女の愛は気持ちを寄せ合うふりをしていても、本当は取り合うものなのである。
親しくなりたい人に使ったり(金銭的、心も、時間であっても)すると、男も女も費やした相手を好きになるのが当たり前である。というよりも、とにかく好きにならざるを得なくなってしまうのだ。